Ping service is on.

春分の日とは?2018年はいつ?お墓参りの由来とおはぎとぼた餅の違い | something good…??

something good…??

『何かいいことないかな…??』 毎日をより楽しくするニュースやお得な情報をお届けします!

春分の日とは?2018年はいつ?お墓参りの由来とおはぎとぼた餅の違い

      2018/01/18

Pocket

「大寒」「立春」等と同じく、季節の節目のひとつでもある「春分の日」。

昼と夜の長さが同じになるとされ、この日を境に日足も伸びてきますね。

現在は生物を慈しむ国民の祝日でもあります。

春のお彼岸としてもお馴染みの春分の日。

どういう祝日なのか、ご存知ですか?

春分の日はいつなのか、またお彼岸に食べるおはぎとぼた餅の違いとその由来はなんでしょう?

今回もいろいろチェックしてみました。

では、さっそく見てみましょう!

 

Sponsored Link
 

春分(しゅんぶん)の日とは?

春分の日

春分(しゅんぶん)とは1年間を24に分けた『二十四節気』の4番目。啓蟄から数えて15日目頃。

この二十四節気は太陽の角度(太陽黄経)によって決められています。

太陽黄経がちょうど0度(春分点)に来た瞬間の日付をもって、春分(しゅんぶん)とされています。

太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになりますが、日本では昼の方が14分程度長くなっています。

この日から夏至まで、昼がだんだん長くなり、夜が短くなります。

ヨーロッパなどでは、春分をもって春の始まりとしています。

雷が稲光り雷声が轟き始める時季でもあります。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉もあるように、寒さは和らぎ過ごしやすい季節になります。

桜の開花情報も、この頃から聞かれ始めますね。

Sponsored Link
 

2018年の春分(しゅんぶん)の日はいつ

春

3月20日頃から清明(せいめい)の前日までの期間で、2018年は3月21日から4月4日です。

期間の初日を春分の日としていて、2018年は3月21日(水)になります。

祝日の春分の日は、前年の2月1日に国立天文台が官報で発表する「春分日」を基準にして決められます。

Sponsored Link
 

お彼岸のお墓参り

春分の日の行事として、お彼岸のお墓参りが有名ですね。

春分の日を中日として、前後3日の7日間を彼岸といい、はじめの日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸の明け」と呼びます。

お彼岸の「彼岸」とは「川の向こう側」、あの世・極楽浄土をさします。

「川」とは、三途の川の事。

現世を「此岸(しがん)」といいます。

太陽が真西に沈む春分の日は、西方にある極楽浄土が示され、彼岸と此岸がつながると考えられるようになりました。

そこで、あの世と現世の心が通じやすいこの時期に、先祖供養をするようになったのです。

おはぎとぼた餅の違いとは?由来は?

お彼岸に欠かせないのが、もち米をあんこで包んだ甘~い「おはぎ」「ぼたもち」ですね。

ぼたもちは「おはぎ」ともいいますが、春のお彼岸に食べるのは「ぼたもち」
これは春に咲く「牡丹」の花に見立てたためで、秋に食べる方は萩に見立てて「おはぎ」と呼ぶ、というのが一般的な説です。

地域によっては、つぶあんとこしあんの違いで区別するところも。

どちらにしても、呼び方にこだわらずに美味しくいただきたいものですね。

まとめ

今回は、春分の日とはどんな日なのか、2017年の春分の日はいつなのか、お墓参りの由来とおはぎとぼた餅の違いについてチェックしました。

春分の日は、ご先祖様の供養をするとともに、生物を慈しむ国民の祝日。

まだまだ肌寒い日も続きますが、桜が開花したりと、自然の中に少しづつ春を感じられる時期でもあります。

春分の日をきっかけに、身近に春を感じさせるものを探してみませんか?

 - 季節のイベント, 歳時記