Ping service is on.

お雛様を飾るなら『雨水(うすい)の日』? 2018年はいつ? | something good…??

something good…??

『何かいいことないかな…??』 毎日をより楽しくするニュースやお得な情報をお届けします!

お雛様を飾るなら『雨水(うすい)の日』? 2018年はいつ?

      2018/01/18

Pocket

雨水」…

「あまみず」ではありません。「大寒」「立春」等と同じく、「うすい」という季節の節目のひとつです。

雨水の意味、雨水はいつなのか、また、お雛様は雨水の日に飾り始めるといい と聞きますが、どんな理由なんでしょう?

早速、今回もチェックしてみましょう!

 

Sponsored Link
 

雨水(うすい)の意味は?

02f003a0319

雨水とは1年間を24に分けた『二十四節気』の二番目

この二十四節気は太陽の角度(太陽黄経)によって決められています。

太陽黄経が330度に来た瞬間の日付をもって、雨水とされています。

立春から二週間ほど経ち、雪が雨に変わり、雪が解け始める頃…

実際は地域によってはまだまだ積雪のピークの頃ですが、この時節から寒さも峠を越え、和らぎ始めると見ることもできますね。

雨水は、昔から畑仕事の準備を始める目安とされてきました。

雪解け水は田畑などに多くの恵みをもたらすと同時に、時に自然の驚異を見せつける厳しい一面も持っています。

「雨水」の二文字には、巡り来る春への喜びとともに、今一度気持ちを引き締めて準備するように、との意味合いも。。。

春一番が吹き、鶯の鳴き声が聞こえ始めるのも、この雨水の頃です。8

Sponsored Link
 

 

2018年の雨水(うすい)はいつ?

yjimage

2月19日頃から啓蟄(けいちつ)の前日までの期間で、2018年は2月19日から3月5日です。

期間の初日を雨水の日としていて、2018年は2月19日(月)になります。

 

Sponsored Link
 

お雛様を飾るなら 雨水の日?

地域によって古くから言い伝えとして残っているのは、

「雨水の日にお雛様を飾ると、良縁に恵まれる」ということ。

雨水は、草木も芽吹き、雪解け水が川に流れ始める時期。

昔から、水は命の源であるとされ、母と考えられていました。

水の神様は、子宝の神様・安産の神様として崇められている地域もありますね。

このような理由から、お雛様を雨水に飾ると良縁に恵まれると言われるようになったようです。

他には、新緑が芽吹くように、良い縁が芽吹くといった説もあります。

お雛様をひな祭り前日に飾るのは「一夜飾り」として忌み嫌われます。

ぜひとも避けたいことですが、雨水は約2週間あります。

この間に、じっくり準備したいですね^^

 

関連記事 → 雛人形を片付けるのは「啓蟄(けいちつ)の日」が良い?2018年はいつ?

 

まとめ

今回は、雨水(うすい)の意味と2017年はいつ雨水を迎えるか、お雛様を飾るなら 雨水の日が良いのはなぜかについてチェックしました。

お雛様を飾る時期にも、良い時期と理由があったとは…

雪が雨に変わり氷が解けて水になるころ、木々が芽吹き小鳥たちが鳴きはじめ…

まだまだ布団の誘惑に負けそうですが^^;、少しづつ春の訪れを感じていきたいですね^^

 

 - 季節のイベント, 歳時記