Ping service is on.

立春(りっしゅん)の意味は?2018年はいつ?「立春大吉」お札の意味と貼り方は? | something good…??

something good…??

『何かいいことないかな…??』 毎日をより楽しくするニュースやお得な情報をお届けします!

立春(りっしゅん)の意味は?2018年はいつ?「立春大吉」お札の意味と貼り方は?

      2018/01/18

Pocket

立春という言葉は聞いたことありますよね?

冬の寒さが厳しいころに立春は訪れます。

暦の上では「春」迎えたということなのですが、まだまだ寒いのに「春」ってどういうこと??

なんて思いませんか?

立春を過ぎれば、少しずつ暖かくなっていくといわれています。

今回は、立春の意味、立春はいつなのか、「立春大吉」のお札の意味や貼り方についてチェックしてみましょう。

 

Sponsored Link
 

立春(りっしゅん)の意味は?

yjimage

立春とは1年間を24に分けた『二十四節気』の最初にあたります。

この二十四節気は太陽の角度(太陽黄経)によって決められています。

太陽黄経が315度に来た瞬間の日付をもって、立春とされています。

この立春から立夏までのことを『春』と呼ぶのです。

つまり言葉通り、『春が始まった最初の日』を意味しています。

旧暦の頃は、立春の日が1年の始まりと考えられていました。

    

立春は、春が立つと書きます。

「立」という漢字には「これから動き始める」という意味もあります。

また立春は一年で一番寒い日とも言われます。

つまり、立春はこれから暖かくなっていく節目の日にあたるのです。

 

Sponsored Link
 

 

2018年の立春(りっしゅん)はいつ?

2018年の「立春」は2月4日【日)です。

 節分が2月3日での翌日の2月4日は立春・・・と覚えている人も多いとは思いますが、必ず2月4日と決まっているわけではないのです。
 
 実は 2024年まで、節分は2月3日、立春は2月4日ですが、2025年からは節分が2月2日、立春は2月3日になります。
 
 過去には、2月5日という年もありました。

日付が動くのは、4年に1度うるう年がある事と同様、現在使われている太陽暦が、天体の運行に基づいているため日付が年によって異なるからです。

 

Sponsored Link
 

「立春大吉」のお札の意味は?

「立春大吉」は厄除けのお札で、禅宗のお寺様の習慣からきているものです。

4つの文字すべてが、左右対称になっていて、表から見ても裏から見ても、「立春大吉」と読むことが出来ますね。

そのため、このお札を玄関に貼っておくと、鬼が入って来て振り返ると同じように「立春大吉」と書いてあるお札が目にとまり、鬼は「この家にはまだ入っていなかった」と勘違いして逆戻りし、玄関から出て行ってしまうと考えられています。

鬼が来ても出ていってしまうので、1年間を平穏無事に過ごすことが出来る…というわけなのです。

立春は節分の次の日であることから、こんな話が伝えられているのでしょうね。

豆まきはしても、お札を貼る家庭は少ないようですが…

 

 

「立春大吉」のお札の貼り方

「立春大吉」のお札の貼り方ですが、玄関、子供部屋、大切な部屋の入口、家の鬼門などに、外に向けて目線より高い位置にテープで張るのが良いとされています。

画鋲などで穴を開けてしまうのはよくなく、神棚があれば神棚にお供えするのも良いそうです。

玄関に貼る場合は、向かって右側に。

家の「鬼門」は、鬼が出入りする方角として忌み嫌われる方角、北東の方角です。

貼る時間は立春の日の早朝がベストで、または立春の日ならいつでもいいとも言われています。

お札は一年間貼り続け、翌年の立春に貼り換えます。

 

まとめ

今回は、立春(りっしゅん)の意味と2017年はいつ立春を迎えるか、「立春大吉」のお札の意味と貼り方についてチェックしました。

一年で一番寒い日とも言われる立春。

この立春が過ぎると、暦の上では春を迎えます。

地方によっては梅が咲き始めたりもしますが、北の地方は冬真っ只中!雪と格闘している時期でもありますね。

待ち遠しい春を、「立春大吉」のお札で厄を払って迎えまてみませんか?

 

 - 季節のイベント, 歳時記