Ping service is on.

ロタウィルス 予防接種の効果と副作用は? | something good…??

something good…??

『何かいいことないかな…??』 毎日をより楽しくするニュースやお得な情報をお届けします!

ロタウィルス 予防接種の効果と副作用は?

   

Pocket

ロタウイルスは、乳幼児に感染しやすく重症化しやすいため、予防接種を受けて感染や重症化を防ぎたいものですね。

ロタウィルスの予防接種は、いったいいつまで効果が続くのでしょうか?

また、ロタウィルスの予防接種に副作用はあるのでしょうか?

あるとしたらどんな症状が出るのでしょうか?

今回も、いろいろ気になる点をチェックしてみました!

では、早速見てみましょう!

 

Sponsored Link
 

ロタウィルスの予防接種の効果はいつまで?

 

少なくとも3年間は効果が持続されるという事が確認されています。

ですが他の予防接種と同様、ロタウィルスの予防接種を受けたからといって必ずしもロタウィルスに感染しないとは限りません。

完全に、とは言えないだけで、高い確率で予防することができ、

ロタウィルス胃腸炎総数を68~79%減らし、
重症例を90%~98%減らし、
入院を96%減らす

という事がわかっています。

 

Sponsored Link
 

ロタウィルスの予防接種に副作用はある?

 

ロタウィルスに感染したときのような症状が出ることがあります。

具体的には、

下痢、嘔吐、発熱、咳、鼻水

などですが、通常は数日でおさまる傾向にあります。

また、ロタウイルスワクチン接種により、腸の一部が他の部分に入り込むことで腸が閉塞してしまう状態、「腸重積」を引き起こすと言われています。

ですが、生後3ヶ月までは腸重積は起こりにくいことが分かっているため、他のワクチンに比べて接種時期が早くなっています

この腸重積という副作用を懸念して、生後6ヶ月までにロタウイルス予防接種を終了することが望ましいとされています。

 

Sponsored Link
 

まとめ

今回は、ロタウィルスの予防接種の効果はいつまで続くのか、また副作用はどんな症状が出るのかについてチェックしてみました。

乳幼児がかかると重症化してしまう恐れもあるロタウィルス。

症状をやわらげる効果が期待される予防接種ですが、副作用も多少ながら見られるので、その辺りも考慮してワクチンを接種するか検討してみてください。

また、予防接種と共に、普段の感染予防に対する心がけも大切ですね。

ちなみにロタウィルスの予防接種は「経口接種」」といって飲むタイプの予防接種です。

子供が痛がる姿を見なくてもよいのは、気持ちが楽ですね^^;

 

関連記事

 → ロタウィルス 症状と潜伏期間は? 感染経路は?

 → ロタウィルス 予防接種の費用と接種期間は? 1価(2回接種)と5価(3回接種)どちらがいいの?

 - 健康