Ping service is on.

インフルエンザ 2016年 予防接種の最適時期と効果期間・料金 | something good…??

something good…??

『何かいいことないかな…??』 毎日をより楽しくするニュースやお得な情報をお届けします!

インフルエンザ 2016年 予防接種の最適時期と効果期間・料金

   

Pocket

今年も、インフルエンザ流行のシーズンになりました。

辛いインフルエンザ感染の予防重症化を避けるために効果的な、インフルエンザワクチン予防接種

いったいいつ頃接種するのが良いのか効果はどれくらい続くのか、また料金はいくらかかるのか…

今回もいろいろチェックしてみました。

 

Sponsored Link
 

インフルエンザ予防接種の最適時期と効果期間

chuusha2
インフルエンザは、毎年12月頃から流行り始め、1月から3月にピークを迎える事が多いです。

接種後、効果が発揮されるまで約2週間かかるため、10月から11月に受けることが理想的だそうです。

遅くても12月中旬までには受けることをおすすめします。

12月中旬を過ぎてしまっても予防効果がないわけではないので、必要に応じて接種してください。

13歳未満の方は2回の接種で、間隔を1~4週間程度あける必要がある為、接種する場合は早めに計画しましょう。

予防接種は接種直後すぐに抗体が作られ効果が出るわけではないので注意が必要です。

接種した2週間後から効果があらわれ始め、約5か月程度効果が続くとされています。

仕事や学校などでどうしてもインフルエンザ感染を避けたい予定がある場合は、スケジュールに余裕を持って予防接種を受けましょう。

 

Sponsored Link
 

 

インフルエンザ予防接種の料金

chuusha

自由診療にあたるため、基本的に料金は10割負担となってしまいます。

料金は各医療機関ごとに設定できるため、全国一律ではないそうです。

ちなみに、2015/2016年の料金の全国平均は、3,204円でした。

2016/2017年の予防接種も、内容は昨年とほぼ変わらないため、価格もほぼ同じ3,000円前後と予想されます

実際の値段については、予防接種する予定の各医療機関に問い合せてみてください。

まとめ

感染力が強いため、流行シーズンになるとあっという間に広がってしまうインフルエンザウイルス。

感染すると、高熱などがとても辛いですね。

自分が感染しないためはもちろんですが、周囲に重症化しやすい高齢者・子供・妊婦の方がいる場合、感染予防の協力として予防接種を受けてみるのも大切です。

関連記事

 → インフルエンザ 2016年の症状と特徴、潜伏期間と予防について

 → インフルエンザ 2016年 予防接種の効果と副作用

 - 健康