Ping service is on.

インフルエンザ 2016年の症状と特徴、潜伏期間と予防について | something good…??

something good…??

『何かいいことないかな…??』 毎日をより楽しくするニュースやお得な情報をお届けします!

インフルエンザ 2016年の症状と特徴、潜伏期間と予防について

      2016/11/15

Pocket

冬も近づき、空気も乾燥してくるこの時期は、感染症への注意が必要です。

 

なかでも注意が必要なのが「インフルエンザ」。

 

日本では、毎年11月頃(まさに今頃ですね!)から患者が増え始め、12月~3月頃に本格的に流行

年間を通して日本人の約1割が感染するといわれています。

 

今回は、今年早くも流行し始めているインフルエンザ症状特徴予防法について

チェックしたいと思います。

 

インフルエンザは早期診断が大変重要です。

かかったかな?と思ったら、早めの病院での受診を心がけましょう!

 

Sponsored Link
 

インフルエンザの症状と特徴は?

netsu

  • 38℃を越える高熱がある
  • 寒気・震え
  • 倦怠感
  • 関節痛・筋肉痛
  • 頭痛
  • 喉の痛み
  • 咳(起こらない場合もある)
  • 鼻水
  • くしゃみ

いわゆる風邪とインフルンザの症状は、咳、喉の痛み、発熱するなどは変わりません

違うのは体温上昇の程度です。

インフルエンザでは発熱するとすぐに38℃以上の高熱になってしまいます。

人間の体温は目覚めたときより夕方の方が高くなりますが、

朝から38℃以上の発熱があった場合は要注意です。

 

インフルエンザに感染すると、たった1つのウイルスが24時間後には約100万個に増殖するんだそうです。

そのため、全身を使ってウイルスから体を守るために高熱が出るのだとか。

身体が闘っている証拠なのですね。

 

個人的な経験ですが、私が過去にインフルエンザにかかった時は、

まずくしゃみ・鼻水といった風邪症状からはじまって、異様な寒気と関節痛がおきました。

そしてその後どんどん熱があがり…といった具合です。

発熱の他にも、この悪寒や関節痛・筋肉痛インフルエンザ感染の目安の一つになると思われます。

Sponsored Link
 

インフルエンザの特徴は?

seki
インフルエンザ
には、大きく3つの種類があります。

<A型>
ウイルスが変異しやすくたくさんのタイプがあります。
感染力も高く、毎年少しづつ変化しながら世界的に季節性の流行を引き起こすことがあります。
38℃以上の高熱、悪寒、関節・筋肉痛などが特徴

<B型>
ウイルスが変異しにくく、限られたタイプしかありません。
そのため、ワクチンによる予防が効果的
突然変異をおこさないため、A型のような世界的な大流行を起こすことはありません。
症状はA型よりやや軽いとされています。

<C型>
ウイルスとしての特徴が、他の2つと大きく異なっています。
感染した場合も、風邪程度の症状。
多くの人が免疫を持っており、大きな流行を起こさないので、ワクチンの対象から外されています。

 

例年より早い時期から流行り、各地で学級閉鎖も起こしている今年のインフルエンザ

 

現在は「A香港型」が流行中だそうです。

重症化しやすいタイプなので、注意が必要です。

 

インフルエンザの潜伏期間は?

インフルエンザの潜伏期間は、1~2日と言われています。

症状が出る1日前から、発症後5~7日頃まで、周りの人にうつしてしまう可能性があり

特に発症してから最初の3日間ほどが最も感染力が高い時期と考えられています。

 

インフルエンザの予防法は?

ほとんどが、咳やくしゃみの際に口から発生される小さな水滴(飛沫)による

飛沫感染によってうつります。

また、感染した人がウイルスが付着した手で触れた場所に、別の人が触れて粘膜などを

通じて感染する接触感染」があります。

よって、「マスク+手洗い・うがい」は基本。

 

また、インフルエンザワクチンは、感染後に発病する可能性を低減させる効果と、

インフルエンザにかかった場合の重症化防止に有効です。

インフルエンザが流行り始める前に、予防接種を受けておきましょう

 

インフルエンザウイルス湿度に弱いため、室内の湿度を50~60%に保つのも有効です。

 

規則正しい生活、バランスのよい食事、十分な睡眠で、免疫力を高めることも重要です。

 

まとめ

今年早くも流行しはじめているインフルエンザ

罹ってしまうと高熱などで辛いのはもちろんですが、周囲の人達にもうつさないよう、

日頃から予防に努め、今年の冬を乗り切りたいですね!

また、早期発見・早期診断・早期治療が重要です。

少しでもおかしいと思ったら無理をせず、すぐに病院で受診しましょう

 

関連記事

 インフルエンザ 2016年 予防接種の効果と副作用

 インフルエンザ 2016年 予防接種の最適時期と効果期間・料金

 大人のマイコプラズマ肺炎の症状や予防方法は? 出勤停止期間は?

 子供のマイコプラズマ肺炎の症状や予防方法は? 出席停止はいつまで?

 - 健康