Ping service is on.

大人のマイコプラズマ肺炎の症状や予防方法は? 出勤停止期間は? | something good…??

something good…??

『何かいいことないかな…??』 毎日をより楽しくするニュースやお得な情報をお届けします!

大人のマイコプラズマ肺炎の症状や予防方法は? 出勤停止期間は?

      2016/11/14

Pocket

かつては『オリンピック病』と言われ、4年周期で大流行していたマイコプラズマ肺炎ですが、

近年は毎年流行するようになりました。

 

最近では、タレントおかもとまりさんが入院していたことでも話題になりましたね。

 

今回は大人マイコプラズマ肺炎にかかった場合についてチェックしてみます。

 

もしこの記事の中で気になる症状があれば、すぐに病院に行ってくださいね!

 

関連記事
 → 子供のマイコプラズマ肺炎の症状や予防方法は? 出席停止はいつまで?

 

Sponsored Link
 

マイコプラズマ肺炎とは?

seki
マイコプラズマ肺炎は、一般的な肺炎と違い、マイコプラズマという病原性微生物が感染して

起こる肺炎と言われています。

 

マイコプラズマ肺炎は一年を通して感染・発症すると言われていますが、主に

秋から冬、春にかけて患者数が増えると言われています。

 

一般的な肺炎が高齢者に多く見られるのに対し、マイコプラズマ肺炎は若年層に多く見られます。

 

乳幼児が罹患しても風邪程度で済みますが、大人が罹患した場合重症化する傾向があるようです。

 

免疫力が高い方が重症化する病気なので注意しましょう。

 

Sponsored Link
 

マイコプラズマ肺炎の症状は? 重症化するとどうなる?

netsu

大人マイコプラズマ肺炎に感染した場合、

  • 喉の痛み
    38度台の発熱、頭痛・倦怠感
    しつこく乾いたような空咳
    鼻水・鼻づまり

確かにこれだけを見ると、非常に風邪の症状に似ているために軽視しがちです。

ですが、この中でも特にには気をつけましょう。

 

重症化すれば咳は痰が絡んだものが長期間続きます。

 

マイコプラズマ肺炎の特徴の一つとして、夜中や明け方に特に咳がひどくなり、

眠れないくらいくるしむこともあるようです。

 

市販の風邪薬などで症状が治まらない場合は、マイコプラズマ肺炎が疑われます。

 

マイコプラズマ肺炎が進行すれば合併症として、

中耳炎・関節炎・無菌性髄膜炎・脳炎・肝炎・膵炎・心筋炎・溶血性貧血などに

かかってしまうこともあります。

 

重症化しないうちに医師の診断を受けるようにしましょう。

 

大人の感染経路と予防方法は?

マイコプラズマ肺炎は、咳や痰、くしゃみなど飛沫感染によってうつります。

 

感染力は弱いので濃厚な接触をしなければ感染しませんが、潜伏期間が長いため

保育所や学校などで流行しがちです。

 

大人の場合は、マイコプラズマ肺炎にかかった子供を看病している間に二次感染して

かかってしまう事がよくあります。

マスクをしっかり着用し、寝室を別にするなど感染予防を徹底しましょう。

家族にも手洗い・うがいを徹底してもらうことも大切です。

 

大人のマイコプラズマ肺炎は子供より重症化する傾向があります。

 

感染が疑わしいときは、早期に受診して治療に努めることも大切です。

 

マイコプラズマ肺炎の治療法は?

マイコプラズマ肺炎の治療法として、マクロライド系の抗生剤を使用します。

 

しかし、近年このマクロライド系抗生剤が効かないマイコプラズマ肺炎が増えており

テトラサイクリン系抗生剤などの他の抗生剤を使用することもあります。

 

市販の風邪薬などや、通常の肺炎に使用されるペニシリンなども効果が無いので、

注意が必要です。

 

医師の指示に従って、適切な薬を服用するようにしましょう。

 

出勤停止の日数は?

マイコプラズマ肺炎人から人へ飛沫感染によってうつるので、大人が罹患した場合は

出勤停止になることもあります。

 

周りの人にうつさないよう、また重症化を避ける意味でも、医師の許可が出るまでは

無理に出勤せず、自宅で安静にしましょう。

 

マイコプラズマ肺炎にはインフルエンザなどと違って規定はありませんが、

完全に治る1週間~1ヶ月は出勤を我慢するのが望ましいです。

 

詳しくはそれぞれの会社の職務規程によりますので、職場の人事部などに相談し

指示を仰ぎましょう

 

まとめ

マイコプラズマ肺炎は若年層によく見られる肺炎ですが、子供よりも

大人がかかったときに重症化する傾向があります。

 

重症化すれば入院治療費など費用もかさみ、最悪 命に関わることもあります。

 

重症化しないうちに受診し、早期発見・早期治療に努めましょう。

 

マイコプラズマ肺炎にかかったと分かった場合は、周囲にうつさないよう注意しましょう。

特にご家庭にお子様がいる場合はうつさないよう気をつけたいところです。

 

一日も早く咳が治まって、元気になるといいですね!

 

関連記事

 子供のマイコプラズマ肺炎の症状や予防方法は? 出席停止はいつまで?

 インフルエンザ 2016年の症状と特徴、潜伏期間と予防について

 - 健康